「子ども・子育て支援新制度」について 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。

 すべての子どもたちが、笑顔で成長していくために。
 安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるために。

 静岡市は、この新制度により「子ども本位」で、
 子どもと子育て家庭を支えるまちづくりを進めます。

「子ども・子育て支援新制度」について、詳しくはこちらへ
↑  静岡市子育て応援総合サイト「ちゃむ」にてご案内しています。

「子ども・子育て支援新制度」って何ですか?

平成24年8月、日本の子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」という法律ができました。
この法律と、関係する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月に本格スタートします。

「子ども・子育て支援新制度」でどうなるのですか?

子ども・子育て支援新制度は、すべての子ども・子育て家庭が必要とする子ども・子育て支援を受けられるようにするしくみです。
静岡市では、具体的にはこんな取組を進めていきます。


1 幼稚園と保育所のいいところをひとつにした「認定こども園」の普及をはじめ、
  幼児期の教育・保育を充実させます。

   ◆「認定こども園」を普及することで、教育・保育の場が広がります。
   ◆ 静岡市立幼稚園・保育所は、平成27年4月から「認定こども園」になる予定です。


2 保育の場を増やし、待機児童をなくすことで、子育てしやすい、働きやすい
  まちにします。

   ◆待機児童の多い0~2歳児を、少人数の単位で保育する場を確保していきます。
   ◆年度途中に増える待機児童を一時的に預かる静岡市独自の「待機児童園」の取組を進めます。


3 教育・保育のほかにも、すべての子育て家庭のために、地域の子育て支援を
  充実させます。

   ◆新制度は、共働き家庭だけではなく、すべての子育て家庭を支援します。
   ◆静岡市が、子育て家庭の状況や、子育て支援のニーズをしっかり把握し、支援メニューを
     計画的に整備します。
   ◆取組を計画的に進めるため、「静岡市子ども・子育て支援事業計画」をつくります

静岡市子ども・子育て会議の設置

 新制度では、各市町村が地域のニーズに基づいた「子ども・子育て支援事業計画」を策定し、推進していくこととなります。
 静岡市では、子ども・子育て支援に関する市民の皆さまのニーズを十分に把握するとともに、「静岡市子ども・子育て会議」を設置し、子育てに携わっている方をはじめ、教育・保育に関係の深い方、学識経験のある方などのご意見をお聴きしながら、事業計画を策定するなど、新制度への準備を着実に進めています。 
 委員構成、会議の開催状況など、詳しくは、こちら のページをご覧ください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 子ども未来課 新制度推進室

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2609

ファクス:054-352-7731

お問い合わせフォーム