ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)推進事業について 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

「ワーク・ライフ・バランス」って、なに?

車の写真

 人は、暮らしを支えていく上で「仕事(ワーク)」をすることは重要ですが、家事、育児、地域活動及び自分の趣味などの「生活(ライフ)」も欠かせないことです。これらが充実してこそ、人は人生の生きがいや喜びを味わえるのではないでしょうか。しかしながら、 ・仕事が忙しくて、帰りが遅く、子育ては妻任せ。 ・休日も仕事で、子どもと遊べず、趣味の時間さえとれない。(有給休暇さえ取得できない) ・仕事のしすぎで、体調が悪く、精神的にも不安定。など、仕事と生活の両立ができずに不満があったり悩んでいる方は少なくないのではありませんか。 「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」とは、仕事や生活する上でのあらゆる活動(家事、育児、地域活動、ボランティア、趣味など)について、自らが希望するバランスで展開できる状態、をいいます。 このワーク・ライフ・バランスは、個人の努力では不可能であり、国はもとより地方公共団体、会社(企業)及び地域の取り組みや理解がないと実現はできません。平成19年12月、関係閣僚、経済界・労働界及び地方公共団体の合意を得て、「仕事と生活の調和憲章」及び「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定されました。官民一体となって、ワーク・ライフ・バランスの実現への取り組みが全国的に始まったところです。

○仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章(PDF 95KB)
○仕事と生活の調和推進のための行動指針(PDF 95KB)
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 子ども未来課 企画調整係

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2603

ファクス:054-352-7731

お問い合わせフォーム