「静岡市食の安全・安心アクションプラン平成24年度~平成26年度」 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
 食品安全基本法に基づき、静岡市では「食の安全の確保」と「食の安心の提供」のために取り組む事業をまとめた「静岡市食の安全・安心アクションプラン平成24年度~平成26年度」を策定しました。
 この計画の策定にあたっては、原案を約一ヵ月間公表して市民の皆様方からご意見をいただきました。いただきました意見の要旨と計画への反映状況は次のとおりです。

「静岡市食の安全・安心アクションプラン平成24年度~平成26年度」に寄せられた市民意見とそれに対する所管課の見解・計画への反映状況

【いただいたご意見の概要】

 1.プランに対する趣旨説明、推進体制、プランの体系は立派です。
  細かいことですが、エコファーマー、HACCP等のカタカナ語やローマ字の使用はなるべくやめるか説明をつけてください。

 2.流通販売段階における監視について
  市民が参加できる生産、製造加工、流通の現場視察会の実施を希望します。(どんな原材料を使用しているか、品質管理、リスク管理は(期限切れなど)?)

【所管課の見解、計画への反映状況】

 1.アクションプラン冊子の巻末に、プラン中で使用された専門用語についての用語集を付録します。

 2.アクションプランには、農業・漁業の体験学習、親子を対象としたバスツアー等、生産、製造加工、流通の現場を市民が見学、体験できる取り組みが盛り込まれています。各イベントの募集は広報誌やホームページ等で随時行います。
 

今回のアクションプランの特徴

 「静岡市食の安全・安心アクションプラン平成24年度~平成26年度」は、前年度までのプランの期間満了を受けて新たに策定したもので、庁内の「食」に関係する業務を扱う18課が連携して取り組みます。
 「静岡市食の安全対策推進事業」は、平成24年7月に行われた静岡市事務事業市民評価会議でも取り上げられ、「改善(拡大)」という評価を得ました。
 
 新プランの特色としては、
◆放射性物質の食品への影響調査(P11)
◆食の安全・安心ホームページ「たべしずねっと」やメールマガジンによる情報公開や意見交換の充実(P15)
など、昨今の食を取り巻く状況を反映した取り組みを盛り込んでいます。

 策定にあたり、静岡市では初となる電子掲示板を用いた「食の安全・安心意見交換会on Web」などを開催し、消費者、食品事業者、学識者等から得られた意見を反映しました。

 また、静岡市出身のアーティスト天野喜孝氏原作のアニメ「やさいのようせい」のキャラクターを、冊子のデザインに使用しました。

 冊子は静岡市保健所で無料配布するほか、市内の生涯学習施設、保健福祉センター、図書館でも閲覧できます。また、下記リンク「たべしずねっと」からもダウンロードできます。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 食品衛生課 営業指導係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3161

ファクス:054-209-0541

お問い合わせフォーム