衛生的な水の管理について 印刷用ページ

最終更新日:
2017年3月2日
私たちが飲んでいる水は、上水道水などの水道水のほか、井戸水や沢水などもあります。
日常生活に欠かせない水ですが、きちんとした衛生管理を行わないと、体調不良などの原因となることがあります。
ここでは、水の衛生的な管理について基本的なことをまとめました。

安全な水とは

水道水は法令により水質基準が定められており、この基準を満たす必要があります。
また、殺菌消毒のための残留塩素を含むように決められています。
世界保健機構(WHO)では、塩素滅菌されている水のことを「安全な水」と定義しています。

給水管の老朽化について

蛇口から、赤などの色がついた水が出る原因として、給水管の老朽化が考えられます。
出し始めの水が一時的に着色している場合は、しばらく水を流して、透明になったことを確認してから飲むようにしましょう。
着色がひどい場合は、配管を交換するなどの対策を検討しましょう。

浄水器について

水の臭いや濁りを減らすために、浄水器等を蛇口に付けて使用している方もいるでしょう。
しかし、このような器具も、使用方法を誤ると、かえって水が汚染されることがあります。
浄水器内に滞留している水やろ過材(フィルターなど)で細菌が繁殖していることがありますので、朝一番の使い始めの際は、しばらく水を流してから使うようにしましょう。
カートリッジなどの交換部品は、使用していると性能が低下します。取扱説明書に従って、適切な間隔で交換してください。

貯水槽水道、飲用井戸について

貯水槽水道、飲用井戸については、以下のページをご覧ください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 生活衛生課 生活衛生係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3155・054-249-3156

ファクス:054-209-0540

お問い合わせフォーム