平成29年度 定期予防接種について 印刷用ページ

最終更新日:
2017年7月10日

新着情報

---新着情報---------
【新着】B型肝炎は平成28年10月1日から定期予防接種になりました。静岡市では平成28年度に引き続き、平成29年度も独自措置を実施しています。
くわしくは、こちらをご覧ください。 B型肝炎予防接種について

平成29年度 子ども定期予防接種一覧

 子どもの定期予防接種は保護者が受けさせるように努めなければならない予防接種です。 出生時に配付した冊子「予防接種とこどもの健康」をよく読み、医師から接種に関して詳しい説明を受け、 疾病や予防接種の内容を理解したうえで、体調の良いときに接種を受けましょう。 標準的な接種年齢で接種することをお勧めしますが、被接種者の健康状態等により、やむを得ず接種できなかった場合には、接種対象年齢の期間内に接種してください。接種対象年齢ではない年齢での接種は有料になります。

 こちらをご覧ください <平成29年度 子ども定期予防接種一覧>

各予防接種について

接種場所

定期予防接種(未就学児)実施医療機関一覧
日本脳炎2期 実施医療機関一覧
二種混合2期 実施医療機関一覧
ヒトパピローマウイルスワクチン 実施医療機関一覧

※リストに掲載されていない医療機関でも実施可能な場合があります。
かかりつけ等がある場合には、医療機関にお問い合わせください。

里帰り出産等の事情で、静岡市外の医療機関での予防接種を希望する場合は、事前申請により公費による接種が可能な場合がありますので、保健所保健予防課までお問い合わせください。静岡市の接種シール(または接種券)は市外では使用できません。

 予防接種依頼書交付願(申請書ダウンロードシステム)

持ち物

★予防接種シール、母子健康手帳
 予防接種シールをお持ちいただかないと、予防接種は公費では受けられません。
ただし、次の場合は予防接種シール無しでも接種できます。

○平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた方が日本脳炎ワクチンの接種を受ける場合
○ヒトパピローマウイルスワクチンの接種を受ける場合
○不活化ポリオの接種を受ける場合
 
 ・予防接種シールを紛失されたときは、再交付できますので保健所保健予防課または各保健福祉センターへお問い合わせください。
 
・市外から転入されたお子さんについて 予防接種シール交付のお手続きが必要になります。母子手帳を持参のうえ、保健所保健予防課または各保健福祉センターでお手続きをお願いします。郵送での申請も受け付けておりますので、詳しくは保健所保健予防課へお問い合わせください。

 予防接種シール交付願(申請書ダウンロードシステム) 

注意事項

★接種前の注意
・健康状態のよいときに接種してください。
・当日は体温を計り(医療機関でも再度体温を計ります)、お出かけください。
・体の具合が悪いと思われるときは、かかりつけの医師に相談してからお出かけください。
・他の予防接種との間隔は、生ワクチン(麻しん・風しん・BCG・水痘等)の接種後は27日以上、
 不活化ワクチン(三種混合・四種混合・二種混合・不活化ポリオ・日本脳炎・ヒブ・小児用肺炎球菌・ヒトパピローマウイルス)の接種後は6日以上あけてください。
 
★接種後の注意
・接種当日は激しい運動をさけてください。
・接種部位は清潔に保ってください。
・接種後の発熱、接種部の発赤、腫れなどで心配なときは医師の診察を受けましょう。
・BCG接種後、数日以内に著しい腫れ、発赤、しこり等が起きた場合、極めて稀ですがコッホ現象が疑われます。
 コッホ現象自体は心配ありませんが、結核に感染していることが疑われますので、早めに接種医に相談してください。

予防接種を受けられない方

★下記にあたる方は予防接種不適当者です。
・明らかに発熱(37.5℃以上)している者
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
・当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者
・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

接種に保護者が同伴できない場合

★「委任状」があれば、保護者に代わって、普段から被接種者の健康状態をよく知る親族等の同伴により接種することができます。
 「委任状」は下記リンク「申請書ダウンロードシステム」からダウンロードできるほか、保健所保健予防課と各保健福祉センター、学校、医療機関に備置してあります。
 また、被接種者が13歳以上であれば、事前に「予診票」に保護者が署名をすることで、被接種者のみで接種を受けに行くことができます。

長期療養により接種対象年齢を過ぎてしまった場合

★長期に療養を必要とする疾病にかかり、定期予防接種の機会を逸してしまった場合、定期接種の期間を延長できる場合があります。
 疾病の種類等に条件がありますので保健所保健予防課までご相談ください。

健康被害の補償について

★予防接種によって健康被害が発生してしまった場合に治療費等を補償する制度があります。
定期の予防接種の場合は予防接種法により、任意の予防接種(静岡市の独自制度を含む)の場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構により補償が受けられます。
詳しくは医師または保健所保健予防課までご相談ください。

静岡市の任意接種に対する考え方

本ページに関連する情報

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 保健予防課 予防接種係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3173

ファクス:054-249-3153

お問い合わせフォーム