犬・ねこの引き取りについて 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
 平成25年9月1日より、動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(改正動物愛護管理法)が施行されました。
 この法律には、動物の飼い主には、その動物が命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があるということが明記されました。
 そのため、各自治体は、終生飼養に反する理由による引き取り(動物が老齢や病気であることを理由とした引き取り、繰り返しての引き取りなど)を、拒否することもできるようになりました。

 犬やねこを飼い続けることが難しい状況になり、引き取りに出すことを考えている方は、飼主の責任として、下記のことを行ってみてください。

動物を飼えなくなってしまった方へ

 動物を飼うことは動物の命をあずかることであり、最後まで飼うことが飼い主の責務です。
 
 飼い続けることが難しくなった場合には、まずは新しい飼い主を探す努力をしてください。例えば、動物愛護館にある「ポッチとニャンチの愛の伝言板」を用いて、新しい飼い主を募集することができます。また、新聞のメッセージ欄に掲載するなどの方法も有効です。

 動物の性格・しつけの問題が原因で手放すことを考えている場合は、動物のトレーナーや訓練士などに相談してみましょう。
 
 その他、いろいろな手段を講じても解決できなかった場合は、動物指導センターへご相談ください。引き取りに出すことは最後の手段です。手放す前に、飼い主の最後の責任として、できるだけの方法をとってください。
 

動物を捨てること、虐待することは犯罪です!

 飼えないからと動物を捨てることは、動物を危険にさらし、飢えや渇きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近隣住民にも迷惑になります。
 動物の遺棄や虐待は犯罪であり、法律により罰せられる行為です。決して捨てたりせず、最後まで責任をもってください。

お問い合わせ先

静岡市 保健福祉局 保健衛生部 動物指導センター  

<葵区・駿河区>
動物管理係 
動物指導第1係  
 住所:〒421-1222
     静岡市葵区産女953番地
 電話:054-278-6409  
 FAX:054-278-2987

<清水区>
動物指導第2係
 住所:〒424-8701
     静岡市清水区旭町6番8号
 電話:054-354-2403
 FAX:054-354-2226

 Eメール:dobutsuc@city.shizuoka.lg.jp

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター 動物指導第1係

所在地:葵区産女953

電話:054-278-6409

ファクス:054-278-2987

お問い合わせフォーム