ノラ猫の避妊・去勢手術について 印刷用ページ

最終更新日:
2016年4月18日

猫を抱いている写真

猫は繁殖力が高く、1頭の雌猫が年間に20頭以上の子猫を産むこともあります。
そして静岡市では年間数百頭の子猫が殺処分となっています。

このような不幸な猫を減らすためには避妊・去勢手術が有効です。
静岡市内に生息する、飼い主のいない猫の避妊・去勢手術を、静岡市獣医師会に所属する動物病院で行う場合には、手術に係る費用の助成制度を利用することができます。

なお、この制度を利用した場合は、手術した目印として耳先をさくらの花びら状にV字カットします。
耳先カットは手術済みと判り、再び捕獲されることを防ぎ、一代限りで繁殖しない猫の印となります。近隣の理解を得るためにも重要です。 

静岡市獣医師会猫不妊手術助成事業について

静岡市獣医師会では、市内に生息する飼い主のいない猫の避妊・去勢手術に対して助成事業を行っています。

なお、この事業は、静岡市からの補助金を受けて実施しています。
この制度を利用して不妊手術をする場合の基本的な費用は、雌猫1頭10,000円、雄猫1頭8,000円(いずれも税抜き料金)です。
平成27年4月1日より、雌猫1頭7,000円、雄猫1頭5,000円(いずれも税抜き料金)となりました。

※ この料金は、不妊手術に際しての手術料・麻酔料等の必要最小限の料金のみを示すもので、猫の健康状態等に応じて別途料金がかかる場合がありますので、前もって、申請窓口となる動物病院で手術方法や料金の説明を受けて、理解・納得した上で申請手続きをしてください。 (詳しくは、静岡市獣医師会事務局 TEL:054-273-1522  へお問い合わせください)

制度の利用方法

1 手術をする猫を決めて、手術後、元の場所に放すのか、引き取って飼い主となる人を探すのかを決めておく。また、猫の生息場所が公共施設であったり明らかな私有地である場合は、その場所の管理者又は所有者に行おうとしている活動の内容を説明し、了解を得ておく。

2 手術を行ってもらう動物病院を決めて、申請の方法や手術の日時、方法、費用など細かい内容について確認し、捕獲用のオリが必要なときは、動物指導センターで捕獲用のオリを借りる。

3 捕まえた猫を動物病院へ搬入し、手術等にかかる費用や引取りの日時など詳細を再度確認したうえで、手術に関する申請手続きをする。

4 手術後、猫を引き取り、元の場所に放すなど申請時に決めたとおりの処置をする。

5 その後の猫の健康状態などを見守る。
エサは、時間と場所を決めてやり、エサ場の周辺に猫用トイレを設置し、糞の後片付けや周りの清掃もしましょう。

地域猫活動について

飼い主のいない猫による地域への被害を防ぎ、環境を改善していくことを目的とした活動です。
町内会や組等の地縁団体単位で活動を行い、この活動を行う自治会には、市から補助金を交付しています。

地域猫活動の具体的な内容として、猫の避妊去勢手術、トイレの設置、地域でのルール作り(飼い猫は室内で飼う等)を行います。
その結果として、猫を殺処分に頼らず減らしていくことができます。

ご興味のある方は、動物指導センターまでご連絡ください。

お問い合わせ先

静岡市 保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター  

<葵区・駿河区>
動物管理係 
動物指導第1係  
 住所:〒421-1222
     静岡市葵区産女953番地
 電話:054-278-6409  
 FAX:054-278-2987

<清水区>
動物指導第2係
 住所:〒424-8701
     静岡市清水区旭町6番8号
 電話:054-354-2403
 FAX:054-354-2226

 Eメール:dobutsuc@city.shizuoka.lg.jp

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター 動物指導第1係

所在地:葵区産女953

電話:054-278-6409

ファクス:054-278-2987

お問い合わせフォーム