「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」を募集します! 印刷用ページ

最終更新日:
2017年6月26日
 障がいの有無にかかわらず、誰もが地域や職場・学校などで共に支え合って暮らす「共生社会」の実現を目指して、障がいのある人とない人との心のふれあい体験を綴った「心の輪を広げる体験作文」と、障がいのある人に対する国民の理解を広めるための「障害者週間のポスター」を募集します。

募集期間      平成29年7月3日(月)~平成29年9月5日(火)必着
        
応募先       〒420-8602 静岡市葵区追手町5番1号
            静岡市 保健福祉長寿局 健康福祉部 障害者福祉課
             ※当課まで郵送もしくは持参により、ご提出ください。

お問い合せ先   静岡市 保健福祉長寿局 健康福祉部 障害者福祉課 企画管理係
            電話 054-221-1197  FAX 054-221-1494
            (「お問い合わせフォーム」からのお問い合わせも可)

募集方法      詳細は下記をご覧ください。
 

◆「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」内閣府入賞作品一覧(内閣府のページへ移動します)

内閣府入賞作品一覧             本市の内閣府入賞者(所属・学年は受賞当時)
平成28年度
<作文 小学生部門>
市立清水岡小学校 1年 村松由唯さんが「内閣府佳作」受賞
平成27年度 <作文 中学生部門>
市立東豊田中学校 1年 立石桃子さんが「内閣府佳作」受賞
平成26年度 該当者なし
平成25年度 <作文 高校・一般部門>
静岡県立静岡視覚特別支援学校高等部 1年 西沢光さんが「内閣府佳作」受賞
平成24年度 <作文 中学生部門>
静岡市立東中学校 3年 秋本伽菜さんが「内閣府優秀賞」受賞
<ポスター 小学生部門>
静岡市立清水入江小学校 5年 関翔斗さんが「内閣府佳作」受賞

心の輪を広げる体験作文

1 募集テーマ
出会い、ふれあい、心の輪
-障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう-

2 応募資格
・学生の方:静岡市内の学校に所属している小学生以上の方
(特別支援学校の小学部、中学部及び高等部の児童生徒を含みます。)
・学生以外の方:静岡市に居住している方

3 募集方法
(1)作文の題及び内容
作文の題は自由とし、内容は、募集テーマにふさわしいものであって、障がいのある人とない人との心のふれあいの体験をつづったものとします。なお、応募作品は未発表のもの1編に限ります。

(2)募集の区分
募集は、小学生部門、中学生部門及び高校生・一般部門の3部門に区分して行います。

(3)制限字数等
ⅰ) 小学生部門、中学生部門  400字詰め原稿用紙2~4枚程度
ⅱ) 高校生・一般部門       400字詰め原稿用紙4~6枚程度
※用紙は、原則として400字詰め原稿用紙(B4判縦書き)を使用してください。

(4)応募者の属性等に関する参考資料
作品には、次の事項を記した用紙を添付してください。
 【記載例】
ⅰ) 題名
ⅱ) 住所(自宅)
ⅲ) 氏名(ふりがな)
ⅳ) 生年月日(年齢)
ⅴ) 性別
ⅵ) 学校名(学年)・学校所在地又は職業名
ⅶ) 電話・FAX番号等(自宅)
ⅷ) 障がいの有無・程度
ⅸ) その他参考となる事項
※用紙形式・サイズは自由です。
例:手書き・学校等で作成した応募用紙 等
  当課作成の応募用紙⇒こちらから

(5)その他
作品は、原則として返却しません。ただし、応募者が応募時に作品の返却を希望したときは、応募者の送料負担により返却することができます。
部門ごとに、最も優れた作品1点を内閣府に推薦します。
本市で最優秀、優秀、佳作を選定し、賞状や記念品を贈呈します。また、応募者全員に参加賞を贈呈します。

障害者週間のポスター

1 募集テーマ
障がいの有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現
(高齢者や子育て中の人なども含め、皆が互いの違いを認め、支え合う社会について描くこともできます。)

2 応募資格
静岡市内に在住又は通学する小学生及び中学生
(特別支援学校の小学部及び中学部の児童生徒を含みます。)

3 用途
内閣府による審査の結果、最優秀賞に選定した作品1点を内閣府が作成する「障害者週間のポスター」の原画として使用します。

4 募集方法
(1)内容
内容は、募集テーマにふさわしいものであって、障がいのある人に対する理解の促進等に資し、障がいのある人とない人の間の相互理解を促進するものとします。なお、応募作品は、未発表のもの1点に限ります。

(2)募集の区分
募集は、小学生部門及び中学生部門の2部門に区分して行います。

(3)留意事項
ⅰ) 小学生部門
造形的表現で訴えるものとし、標語その他の文字を入れないこと。
ⅱ) 中学生部門
標語その他の文字を入れることは差し支えないが、「12月3日から9日は障害者週間」の標語は、内閣府がポスター作成の際に入れるので使わないこと。

(4)規格、画材等
ⅰ) 規格
画用紙のB3判(横364mm×縦515mm)又はいわゆる四つ切り(横382mm×縦542mm)を使用し、これに満たない作品は、B3判又は四つ切りの大きさの台紙に貼付してください。
なお、作品は、縦位置(縦長)のみとします。
ⅱ) 画材
彩色画材は自由とします。

(5)応募者の属性等に関する参考資料
作品には、次の事項を記した用紙を添付してください。【記載例】
ⅰ) 住所(自宅)
ⅱ) 氏名(ふりがな)
ⅲ) 生年月日(年齢)
ⅳ) 性別
ⅴ) 学校名(学年)・学校所在地
ⅵ) 電話・FAX番号等(自宅)
ⅶ) 障がいの有無・程度
ⅷ) その他参考となる事項
※用紙形式・サイズは自由です。
例:手書き・学校等で作成した応募用紙 等
  当課作成の応募用紙⇒こちらから

(6)その他
作品は、原則として返却しません。ただし、応募者が応募時に作品の返却を希望したときは、応募者の送料負担により返却することができます。
部門ごとに、最も優れた作品1点を内閣府に推薦します。
本市で最優秀、優秀、佳作を選定し、賞状や記念品を贈呈します。また、応募者全員に参加賞を贈呈します。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 障害者福祉課 企画管理係

所在地:静岡庁舎新館15階

電話:054-221-1197

ファクス:054-221-1494

お問い合わせフォーム