6 峡谷(V字谷)地形 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
写真 峡谷(V字谷)地形1
写真 峡谷(V字谷)地形2

A構成・特徴・状態

 南アルプスから流下する早川、大井川、三峰川、戸台川、遠山川の上流部およびそれらの支流は、狭い川底と急峻な山腹斜面を持つV字状の峡谷(V字谷)を形成している。山腹斜面の傾斜は谷底ほど急で、稜線付近はそれに比べると緩やかであるため、谷底から3000m級の山頂部を望める場所は少ない。したがって、V字谷の景観は随所で観察できるが、谷底では視界が限られるため全容の把握は難しい。その上流部については稜線の登山道から実感するのが良い。このようなV字谷は、隆起のはげしい山地を削り込む温暖多雨な気候下の河川によって形成される。とくに甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山の北東山腹斜面は、活断層によって急速に起伏を増しているために、峡谷内には大小の滝が発達している。

B周辺環境

 各河川の上流部では、V字谷は良く保存され、美しい峡谷景観を呈している。しかしながら、電力用ダムや砂防堰堤の建設により、巨大崩壊地を背後に抱えた場所ではもともと浸食域であった場所が堆積域に変化して、河床の埋積が進み、本来の河川の形態が失われつつある。特に畑薙第一ダム、井川ダム、奈良田ダム、雨畑ダムなどで埋積が進行している。また導水トンネルを利用した取水によって本来の河川の水量が減少し、景観を損ねている場所もある。

C価値

 温暖多雨な気候を反映した河食作用によって形成されるV字状で豊かな水量を持つ峡谷地形は、日本の山岳地形の特徴である。急速に隆起する南アルプスはその代表であり、豊かな植性をともなって、台湾山脈とともに東アジア東部の温帯域を代表する河川景観を作っている。氷河による浸食作用によって形成される幅広く明るい谷底を持ち、尖峰が望めるU字谷地形とは好対照をなすものである。

D場所

 南アルプス周辺のほぼすべての河川

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 エコパーク推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1357

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム