3 御堂山(中野)観音堂と駿府霊場大日院 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
写真 御堂山観音堂と駿府霊場大日院
写真 千手観音像

A構成・特徴・状態

 行基の作と伝えられている、十一面千手観音を奉る御堂。毎年1月6日の、年一回のみご会見できる。また、駿府城改築の用材を伐採したところである。大日院には石仏や大日如来が奉られている。詳しい調査が必要である。
【状態】保存はしっかりしている。

B周辺環境

 昔、幕府の直轄地であり、駿府城改築の用材を伐採したところである。

C価値

 有形の文化財であり、国宝級と伝えられているが、確認作業が必要である

D場所

【位置】えほんの郷からさらに奥へ入った丘の上に御堂山観音堂があり、そのすぐ上に大日院がある。
【GPS】北緯35度13分34.0秒、東経138 度14分33.2秒

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 エコパーク推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1357

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム