2 諏訪神社や井川神社での井川神楽祭 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

A構成・特徴・状態

 井川の神楽は、明治末期から大正、昭和初期に 盛んに行われていました。古くから重要な娯楽であり、成願成就の真剣なる祈願でもありました。神楽 は 午後1時から 深夜3時まで夜通し 奉納され、地域の方や市街地等の遠方の方など、多くの人で賑わう。
【状態】長嶋寛氏を中心に「井川神楽鑑賞体験」が年間を通して受け付けており、子どもから、大人まで神楽の歴史を学んだり、神楽を体験的に経験することが可能である。井川神楽は代々受け継がれてきた。

B周辺環境

 田代の諏訪神社の境内で行われるもので、日本の伝統文化を、昔のままタイムスリップして経験する。

C価値

 無形の文化財であり、井川地区の長い時間の流れを体験でき、無形の文化財としての価値は大変高い。

D場所

【位置】田代の集落の中に位置する諏訪神社や井川神社でおこなわれる。

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 エコパーク推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1357

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム