23 シラネヒゴタイーオヤマノエンドウ群集イワツメクサーオンタデ群集 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

23 シラネヒゴタイーオヤマノエンドウ群集イワツメクサーオンタデ群集

A構成・特徴・状態

~特徴~
・侵食が進んだカール地形であるのに加え、周辺の周氷河作用を受けた砂礫、岩屑斜面であり、荒原状の景観を形成している。標高3000mクラスの山岳として、不完全ではあるが、氷河地形をもつ最南部の山である。
・イワベンケイ、タカネツメクサ、タカネヒゴタイなどのシラネヒゴタイ-オヤマノエンドウ群集や、イワツメクサ-オンタデ群集がまばらに分布する。
~状態~
・最南部の氷河地形を持つ山であるが、3000m付近の氷河地形はそのほとんど(ラテラルモレーン・ターミナルもレーン・カール壁など)が崩壊している。

B周辺環境

・西の前聖岳と東の奥聖岳の2峰から成り、西側は崩壊壁、南側は巨大な砂礫地が形成されている。
・稜線沿いにハイマツが点在し、砂礫地に高山植物がまばらに分布している。

C価値

 最南部の不完全な氷河地形が見られる。氷河地形が崩壊しつつある斜面に、高山低茎植物群落が発達している。
 日本列島最南部の高山荒原として価値がある。

D場所

23 シラネヒゴタイーオヤマノエンドウ群集イワツメクサーオンタデ群集

位置】
聖岳山頂南部の砂礫斜面
(標高2980m付近)

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 エコパーク推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1357

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム