2 亜高山帯のコメツガ・モミ林 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
2 亜高山帯のコメツガ・モミ林の写真
2 亜高山帯のコメツガ・モミ林の写真2

A構成・特徴・状態

~特徴~
・[地形] 調査区の地形は比高(底の深さ)が最大1.7mの舟形地形(線状凹地)。
・[植生] 10m×30mの調査区内に、コメツガ41本(直径37cmの大木あり)・ヒノキ14本・モミ15本・ミズナラ8本(直径40cm)・ブナ1本(直径71cm)が生育。
・[植生] 樹高1~2m程度の小木はコメツガ・モミが多い。地表面に下草はあまり生育していない。
     舟形地形線状凹地の斜面(段丘化している)~底部にかけて小木が多い。
~状態~
・葉の付いていない(枯れている)枝をもつ樹木はあまり認められない。
・樹木の密集する場所では樹冠が重なり、競合している。
・樹高1~2m程度の小木も葉の付いていない枝は認められない。
・階層構造を形成しているが、枯死木は殆ど存在しない。

B周辺環境

・傾斜に針広混交林が成立し、ブナなどの高木種が生育している。
・直径20~30cm程度の針葉樹(モミ・コメツガなど)が多く生育。
・周辺には直径10cm程度の小径木が認められるが、樹高1~2m程度の小木は少ない。
・この周辺には線状凹地が多く存在しているが、凹地の中央部は小型の樹木が多いが、裸地に近い状態である。

C価値

 舟形地形(線状凹地)は、水が滞留する・地表面を雨水が流れ撹乱される、などの原因で安定した森林が形成しにくい場所となっている。そのため周囲に大木が多く、安定していると思われる針広混交林が分布する中、独特の森林景観を作り出している。
 このような場所は、安定・単純化する森林植生のなかで、種の多様性の保持に寄与している貴重な存在である。

D場所

2 亜高山帯のコメツガ・モミ林の場所

【位置】
 椹島南方の鳥森山の森林
【GPS】
 北緯  35°25′38.22″
 東経 138°12′25.57″

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 エコパーク推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1357

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム