国登録有形文化財 名主の館「小池邸」 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

小池邸外観

江戸時代の村役人、村方三役(名主・組頭・百姓代)というのは、村落内の行政を行っていました。その代表を、東国では「名主」、西国では「庄屋」と呼んでいたようです。
この時代、領主側の支配機構と、百姓側の接点として、村役人の中ではもっとも重要な役割を担っていたのが名主でした。名主は、村内でもっとも家格の高い百姓であり、また知識層でもありました。
主な仕事は、年貢の取立・管理・戸籍事務・諸書類の作成や他村・領主との折衝など、村政全般を取りあつかっていました。そのために名主の仕事は、たいへんな知的能力と事務能力を必要とされ、「読み書き」「そろばん」が出来なくては、勤まりませんでした。
名主はその職務に対して、年貢の免除や給米・引高などのかたちで、役料をもらっている場合が多かったようです。また、衣料なども一般の百姓では着ることのできない、絹・紬などを着ることが許されていました。


 

小池邸内部

由比地区で長年名主をつとめた小池家の母屋は、明治期に建てられたもので、建物の外観は低い軒の瓦葺き、正面の潜り戸付きの大戸、格子等、当時の寺尾地域の民家の面影をよく残しています。
大戸の脇には、平瓦をならべ四隅を留め、目地に漆喰をつかったナマコ壁もみられます。
 軒先は、腕木を突き出し外側の柱面より外に桁を出した「出し桁造り」となっており、深い軒を支えています。
内部は、たたき土間と六畳の整形四間からなる田の字形四つ目取りの部屋、大黒柱の建つ伝統的な民家の造りです。
 また、建物の外回りの石垣は、百年前の美しさをそのままに残します。
 

ご利用案内

【開館時間】
午前9時30分~午後4時30分 (3月~10月)     午前9時30分~午後4時  (11月~翌年2月)
【休館日】
 毎週月曜日・祝日の翌平日
 年末年始期間(12月26日~1月5日)
【駐車場】
 小池邸前6台(無料) 
【施設所在地】 
 静岡市清水区由比寺尾464番9
 054-376-0611 
 
※都合により臨時休館、開館時間を変更する場合があります。 

アクセス

●電車
JR由比駅より徒歩10分
北口からまっすぐ通りに出て、清水方面へ向かう
 
●車
東名清水ICより約15分
国道一号バイパスを富士方面に向かい、由比ICで下りる
 
※詳しくは下記の観光マップをご覧ください。 

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 小池邸

所在地:清水区由比寺尾464-9

電話:054-376-0611

ファクス:なし

お問い合わせフォーム