国登録有形文化財 旧五十嵐邸 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
五十嵐邸全景
五十嵐邸治療室2
 東海道蒲原宿の街道沿いにたたずむ旧五十嵐邸は、大正期以前に町家建築として建てられました。
 大正3年(1914)に、当時の当主故五十嵐準氏が歯科医院を開業するにあたり、町家を洋風に改築。その後昭和15年ごろまでに、西側・東側部分をそれぞれ増築し、現在の形になりました。
平成12年には、旧来の町家の特徴を残しながら外観が洋風、というユニークな造形が評価され、国の有形登録文化財となりました。

内部の様子

二階の離れは、当時は勉強部屋として使われていました。
波打つガラスが印象的です。ガラスは手作りで、独特の透明感と歪みが味を感じさせます。
五十嵐邸の内部は、外観のイメージとは違って、純和風です。豪華な襖絵や、凝った欄間彫刻が目を引きます。
五十嵐邸離れ
五十嵐邸内和室
二階の日当りのいい一室が、治療室として使われていました。隣には技工室が備えられています。
純和風の待合室と、洋風に造られた治療室とが隣り合っています。
五十嵐邸治療室
五十嵐邸待合

施設見学のご案内

施設の見学について
 旧五十嵐邸は、建物内をご覧いただくことができます。
 開館日の下記時間帯で開館しておりますので、蒲原宿にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
 ※見学について、事前の申し込みの必要はありません。
 
入場料
 無料
 
開館時間
 <3月~10月>午前9時30分~午後4時30分
 <11月~2月>午前9時30分~午後4時
 
休館日
 毎週月曜日・祝日の翌平日
 年末年始期間(12月26日~1月5日)
 
施設所在地
 静岡市清水区蒲原三丁目23-3
 054-385-2023

アクセス方法

電車
 新蒲原駅下車 徒歩7分
 新幹線新富士駅より車で10分

 富士方面から→国道1号線 高浜ICより車で約5分
 静岡方面から→国道1号線 蒲原西IC車で約15分

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 旧五十嵐邸

所在地:清水区蒲原3-23-3

電話:054-385-2023

ファクス:054-385-2023

お問い合わせフォーム