国指定特別史跡 登呂遺跡 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
 昭和18年の軍需工場建設の際、多量の木製品や土器片が出土したため、同年第一次の発掘調査が行なわれました。戦後間もない昭和22年には考古学・人類学・地質学など各分野の学者が加わった日本で初めての学際的発掘調査が行なわれました。発掘調査により東西に長い自然堤防上に、12軒の家、2棟の倉庫、井戸、森林の跡や、南側には水田の広がりが見つかりました。遺跡からは、壺・甕などの土器、石器の狩猟漁撈具、木製の農耕具・機織具・日常生活用具、青銅製装身具など、多種多様な生活に関する道具が出土しています。
 現在、遺跡内には、復元住居や復元倉庫、赤米など米づくりを行っている復元水田が広がっています。遺跡に隣接して「静岡市立登呂博物館」があり、1階は参加体験型展示、2階は登呂遺跡の考古資料の展示がなされています。
 平成11年度より5カ年計画で再度発掘調査が始まり、毎年夏~秋に調査が実施されました。この再発掘調査の成果をもとに平成18年度から登呂遺跡の再整備工事を行い、平成24年度リニューアル・オープンしました。
登呂遺跡 住居址 登呂遺跡 住居址
登呂遺跡 復元住居 登呂遺跡 復元住居

登呂遺跡 復元水田 登呂遺跡 復元水田

お知らせ

 平成23年度をもちまして、登呂遺跡の再整備事業が終了しました。この再整備事業では、地元町内会をはじめ、多くの関係者のみなさまよりご指導、ご協力をいただきました。今後は、「魅力ある登呂遺跡」を発信していくための活動を展開していきます。是非、登呂遺跡・登呂博物館へお越しください。

アクセス方法

登呂遺跡 位置図 登呂遺跡 位置図

バス
 JR静岡駅南口バスターミナル22番より
  「石田街道」線 「登呂遺跡」下車
  「石田・大谷」・「静岡久能」線 「登呂遺跡入口」下車徒歩3分
 登呂遺跡南側に市営駐車場(有料)があります
 
博物館について
 下記関連リンクから 登呂博物館のページをご参照ください。

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 埋蔵文化財係

所在地:静岡庁舎新館17階

電話:054-221-1069

ファクス:054-221-1451

お問い合わせフォーム