静岡市消費生活センターを騙る手口にご注意ください 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
平成25年11月29日から平成25年12月5日までの間に静岡県東部、中部で消費生活センターを騙る相談が入っています。

≪相談内容≫
1 訪問販売で羽毛布団を契約し、静岡市の消費生活センターで解約した。そのことについて、色々確認したいと静岡市消費生活センターが来ることになっているが、本当か。

2 静岡市消費生活センター債権管理部から架空請求に注意するよう封書が届いており、留守番電話に静岡市消費生活センターを名乗るところから架空請求に対しては絶対払うなとメッセージが入っていた。また、同じ頃、実家あてに未払いの商品代金を請求するはがきが届いており、電話もかかっていた。どういうことか。

3 静岡市消費生活センターを名乗り、過去に被害にあったお金を取り戻してくれるというような電話があった。「国民生活回復機構」という団体から改めて相談者に連絡があると言われ、その後電話があった。不審だ。


※消費生活センターに相談をしていない方にセンターから電話をかけることはありません。絶対に対応しないことが大切です。不審な電話がありましたら、静岡市消費生活センター(054-221-1056)にご相談ください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市民局 生活安心安全課 消費生活センター

所在地:静岡庁舎新館1階

電話:054-221-1054

ファクス:054-221-1291

お問い合わせフォーム