静岡市の公共建築物の現状について 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
(1)公共建築物の保有する問題
 現在、本市では、多くの都市と同様に、高度成長期に整備した学校施設や市営住宅をはじめとした様々な公共建築物において大規模修繕の必要性が高まっております。
 その一方で、人口減少時代に突入し、生産年齢人口の減少と高齢者人口の増加が同時進行する状況に加え、税収の大幅な増加が見込めない中で、厳しい財政運営を強いられております。

(2)アセットマネジメントの取り組み
 本市では、既に施設の安全性の確保や維持管理経費の縮減など、公共建築物の計画的な保全を実施しておりましたが、今後は、さらに市全体や分野全体の観点から、総合的に管理を行う取組(アセットマネジメント)を始めます。
 健全で永続的な公共経営をしていくためには、道路、橋梁、上下水道などの社会インフラと同時並行的に、公共建築物につきましても本格的にアセットマネジメントを実施する必要があります。
 まずは、公共建築物が抱える課題の「見える化」を進め、その上で、施設の改修や建て替えについて検討し、対策を講じていきたいと考えております。
 


本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

企画局 アセットマネジメント推進課 公共資産経営係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1166

ファクス:054-221-1295

お問い合わせフォーム