食糧や飲料水の確保 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

静岡市ホームページへもどる  | 課ホームページへもどる | 


●食糧や飲料水の確保

 

食糧と飲料水は最低でも7日分を用意しておきましょう。

7日分の食糧のうち3日分は非常持ち出し品としての非常食なので、 カンパンなど調理の必要のないものがよいでしょう。

備蓄食糧は保存期間の長いものでなくても普段の食品(インスタント食品や缶詰など)を 古いものから使用して新しいものを補充するランニングストックという方法で構いません。

チョコレートなど、量のわりにカロリーの高い食品は重宝します。

また、梅干(昔風の塩分の強いもの)は保存性が高く、疲労回復に役立ちます。

 

 

食品のないマーケット
非常食料の色々  

 

非常用の水の用意

 

飲料水以外にも生活用水や消火用水も必要となりますので、 浴槽や洗濯機に水をためて蓋をしておくとよいでしょう。

 

 

 

前へ   戻る   次へ



リンクについて著作権について


静岡市ホームページへもどる  | 課ホームページへもどる | 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 危機管理総室 政策グループ

所在地:静岡庁舎新館3階

電話:054-221-1236

ファクス:054-251-5783

お問い合わせフォーム